CD NEWS 1996年6月2日

Mizunokuni mako-rin's CD NEWS

WE NEED GOOD SOUND!

| HOME | Joint1996 | 19960602 |

更新日 2010-01-01 | 作成日 2007-09-20

1996年6月2日号

明日試験という時に限って……

懐かしいなあ、ワタナベのジュースの素♪

<1996年6月2日の 反省>毎週日曜日はホームページ作り。車洗ったり、本屋さん冷やかしたりしているうちにサッサと作ればよいものを。ほら明日試験っていう時に限って漫画本読み続けたりテレビから離れられなかったり、とあの気持ちですね。も〜う大変なんっすから、おもちも入ってベタベタと(by Sannpei Hayashiya)、ワタナベのジュースの素です、もういっぱい(byエノケン)といっている間に、う〜んまたまた来週!5月26日と同じ文章でした。ずいぶん手抜き。

<今週の格言>格言を集めて涼しCD NEWS


グルグルの王様……

いじわるばあさんも懐かしいねえ

「裸の王様グルグル」王様

世界中探しても4畳半生活をしている庶民的な王様って彼くらいでしょう。そんな王様ってかわいいねえ。レコード業界では彼の話題で昨年からはもちきり。ふだんはレコード会社員に変装しているというから、アレひょっとしてレコード会社はファンハウスなのでしょうか。ちなみに彼もしっかりホームページを持っています。「王様の銭湯通信」時間のある人はちょっとのぞいてこの謎を彼にメールできいてくださいな。王様の専売特許になっているのが直訳英語によるハードロック魂あふれる楽曲。そのスピリットがなぜかこのアニメーション「いじわるばあさん」のエンディング・テーマソングにも通じています。これもハードロックもの、といわれたら素直に信じてしまったり。でも昔いじわるばあさんやっていた俳優も今は東京都知事ですから時間の流れをすっごく感じつつ王様のボーカルに涙するのでごぜえます。カップリングはオープニングテーマ「いじわるばあさん」むふふふ。(ファンハウス、1000円)

「kiss」鈴木蘭々

ポンキッキーズで大活躍中のうさぎのおねえさんRANRAN SUZUKIこと鈴木蘭々の3枚目のシングル。これまでの「泣かないぞエ」(ダブル・オーレコード)、「なんで なんで ナンデ?」(同レコード)と一線を引いた、少し雰囲気の変わった方向。ちょっと大人っぽいと表現してよいのでしょうか。あの元気もりもりの蘭々とは違う(たぶん等身大に近いスズキトモコ(本名)さんが、そこにいるのでしょう。ミディアム・テンポのグルーヴ・ナンバーです。落ち着いた感じの蘭々も新しい魅力だと思いますが、このイメージチェンジはシンガーの部分だけにしてほしいな。だってポンキッキーズファンのお子たちがびっくりしてしまうから。カップリングは鈴木自信の作曲による「Wishes」。これもなかなかしっとりとしていて素敵な楽曲になっています。=このシングルは6月21日発売予定です。しばらくまたれい。(ダブル・オーレコード、1000円)


「SINGAPOP」Dick Lee

これも少し先の発売(6月21日リリース)ものですが、ディック・リーのなんと6年ぶりのシンガポールの雰囲気あふれるアルバムです。1曲目の「Big Island」はピチカート・ファイブにも通じる音があります。ディックが1986年に愛すべき祖国のために作りました。2曲目はなんとシンガポール政府指定唱歌「Singapura」。すごいねえ、国が指定してくるなんて。でもとってもポップスのセンスにあふれていて、ほのぼのとした気分になって飛行機に乗ってシンガポールに行きたくなるほど。うまい誘い方。デュエットはサンディー。先ほど紹介したポンキッキーズの歌もさりげなくbボーナス曲「Sha na na na na」の中に入っていてオリエンタルな魅力と幅広いファン(なにしろ幼稚園児も強烈なファンになりえるのですから)に支えられてヒットしそうなアルバムに仕上がっています。(フォーライフ、3000円)

「裸の王様グルグル」王様
「kiss」鈴木蘭々
「SINGAPOP」Dick Lee

mizu_logo.gif