CD NEWS 1996年5月26日

Mizunokuni mako-rin's CD NEWS

WE NEED GOOD SOUND!

| HOME | Joint1996 | 19960526 |

更新日 2010-01-01 | 作成日 2007-09-20

1996年5月26日号

いつのまにか格言までもが標準装備

・たぶん、この回、早くできあがったのですね。

 <反省>のコラム考えるのが大変。

<1996年5月26日の反省>いやー、実は毎週日曜日はホームページ作りで大変なんですわ。ホームページの作者の皆さんはいつ作っているのですか。まだやめずにがんばってますから。も〜う大変なんっすから、おもちも入ってベタベタと(by Sannpei Hayashiya)、といっている間に、う〜んまた来週!

<今週の格言>1日早いと余裕よCD NEWS


Niagara以外のアーティストは……

探すのが大変

「BORN IN CHINA-青春路上」上海パフォーマンスドール

そうなのか1番目に大滝”ナイアガラの鬼”に関連するCDを取り上げるとどうも前に進まずやたらに行数が取られ横道にそれる、という法則を指摘されました。な〜るほど。そんなわけでまったく関係ないアーティストを探してきました。これなら大滝さんも仕事にタッチしていないと思われますが、どんなもんでしょうか。さて、東京パフォーマンス・ドールや大阪パフォーマンス・ドールなどの延長、ついに海外にひとっとびって感じですね。篠原涼子など人気アイドルになって活躍するなどこの「パフォーマンス・ドール」はなかなか将来有望な人たちが集まっています。全10曲を金、胡、ファン、李の4人(平均年齢18歳)をなかなかの歌唱力で歌っています。中国・上海地域で13歳から21歳を対象にオーディションを行ったところ2000人以上が応募。しぼりにしぼられたメンバーだけにルックスもなかなか。悲しいことに中国語がわからないので。時おり歌詞にのる「さよなら」なんて日本語だけで推測したりして聞いております。ポップス中心ですが、「RAPー青春活力(日本語訳は、開き直りも芸のうち)」なんてのがあって中国語のラップもなかなかのものって感心しております。いわゆる中国的エキゾチックを求めるんじゃなくて、ありのまま聞くのが一番。同じティーンエイジャーとしての底力としてはひょっとしたら彼女らの方がまさっているかもしれません。(ソニーレコード、2800円)

「MIND CIRCUS」中谷美紀

女優、中谷美紀のニューシングルを教授こと坂本龍一がプロデュース。中谷は坂本教授の大ファン。坂本のコンサートには必ず足を運ぶほどの熱心さが伝わったのか、坂本もバックアップ。かくして坂本龍一自身のレーベル、「gut」で初の女性ボーカルのデビューとなった。作詞は売野雅勇、作曲は坂本。日本テレビ系連続ドラマ「俺たちに気をつけろ」の挿入歌にもなっている「偽りだらけのこの世界で/愛だけを信じている」。純粋なもの、心の内なるものを求めて生きていく。なんだか心がとぎすまされるようで、聞いているうちに勇気もわいてくる不思議な歌だ。残念ながらカップリング曲がなくて「MIND CIRCUS」のインスト曲しか入っていない。坂本ファンにはちょっと痛い。(フォーライフ、800円)


「Happy Honeymoon」大江千里

ここんところ音信不通だった大江の千里クン、元気に活動を再開したようでして、古くからのファンの一人として非常に喜ばしいことでございます(パチパチ)、時候のあいさつみたいな出だしになりました。前作アルバムが1994年の11月リリースの「SLOPPY JOE 2」。それから2年2カ月わりと静か(ちゃんと活動やっていたの)でしたが、今年5月2日にようやく待望の15枚目「SENNRI HAPPY」が発売されました。お戻りになったわけです。千里もハッピーなら、ファンもハッピーじゃよ(・)。そいでもってこの10曲のうち好評の「Happy Honeymoon」をシングルカットしたのです。なんだか浮き浮きしてくるノリがよろしい。歌詞はよ〜わからんが、このめちゃくちゃさが大江の世界なのでしょう。ええ、これは何? 新婚旅行の歌なわけですか。道理で浮き浮きしておるはずです。勝手にやってください。カップリングは「潮騒」。ああ、こりゅ分かるなあ、また失恋の歌でしょう、と思ったら本当にそうだった。困ったもんです、想像通りなんだもん。千里クンは現在全国ツアー中。(epicソニー、1000円)

mizu_logo.gif