CD NEWS 1996年9月15日

Mizunokuni mako-rin's CD NEWS

WE NEED GOOD SOUND!

| HOME | Joint1996 | 19960915 |

更新日 2010-01-01 | 作成日 2007-09-20

1996年9月15日号

そういえば、はずれ券ありましたねえ。あれは今となってはとても貴重! お持ちの方ご一報ください

・それにしても楽しいなあ、プレゼント配達のためのガソリン代の方がよほどかかっているのに、行ってしまう。ご本人に会うために、まさに双方向!

 いきなり「マコリンです、おめでとうございます」と言っても誰も違和感を覚えないのも不思議なといえば不思議なんですが。

<1996年9月01日の 反省>むふふ、1000人記念ちょっといいプレゼントの当選者の清水さんからメールをもらいました。実は先日、宅配便分の料金をちょっとケチって自分で配達してきたのです。「こんにちは。この間はどうもありがとうございました。”ちょっといいプレゼント”に当選してしまうなんて、’うれしはずかし・・’です。<中略>”ちょっといいプレゼント”は、ほんとに”ちょっといいプレゼント”なのでした。」とありがたき礼状です。いやー喜んでいただけてこちらも感謝感激。(m^〜^m)なんだかもう1500人突破してしまって、ご本人からも申告がないけれど、おめでとうございます。あなたが1500人目です。さあ次は2000人。どうしましょうかね。はずれた方には電子メールではずれ券送りました。これを何枚かためるといいことがおこるかもしれないのです。捨てないでね。今回の格言も清水さんのお礼状メールからの応募。

<今週の格言>プレゼント 応募しなくちゃ 当たらない > 2000人は もう間近(by 清水"2000人目記念プレゼントも狙う" 昭子)


なつかしいぞ「gut」レーベル

探偵ナイトスクープも登場

小西クンも出てきています♪

「僕をさがしに…」石川よしひろ

 1990年にデビューした石川よしひろ。7枚のアルバムと14枚のシングルを発表しているベテランだ。今年にファンハウスに移籍し、6月にシングル曲「Realize」をリリース。移籍後の最新アルバム「WINGBEATS」(ファンハウス、3000円)の特色では、これまでのライブのイメージからいわゆる打ち込み系の音作りに変わっています。アレンジにコンピューターを取り入れることはそう今では珍しいことではないが、挑戦しています。カップリング曲「Shake It」はややラップ系が入って(単に音の数より歌詞が多いとでも説明しましようか)、これがなかなか軽快で、実はこのシングル3曲目にタイトル曲のインストが入っているのですが、僕ならこちらの「Shake It」の方をインストに採用したかった。でも石川選手は迷わずメロディーラインの美しいタイトル曲を入れたよう。TBSーTV系「世界不思議発見!」のエンディング・テーマにも使われています。むむむ、こうなりゃもう1曲おまけで4曲目に入れてほしかった。ジャケット裏写真のたぶん石川選手と思われる幼少の頃の大あくび写真がかわいい。(ファンハウス、1000円)

「食物連鎖」中谷美紀

 坂本龍一のgut(グート)レーベルからファーストアルバムを出したのが、女優の中谷美紀。もちろん坂本教授自らのプロデュースで。なかなかの作家陣がそろっているのがこのアルバムの特徴。教授の古くからの仲間、大貫妙子はもちろん、ピチカート・ファイヴの小西康陽、Arto Lindsay、高野寛などが顔を並べています。小西君の「逢いびきの森」はよ〜く聞くと野宮真貴ちゃんが歌っているのかと錯覚にとらわれそうなほど、声質が似ていたりします。「MIND CIRCUS」は日本-TV系連続ドラマ「俺たちに気をつけろ」の挿入歌、「STRANGE PARADISE」(桂小枝=ABC-TV系「探偵ナイトスクープ」=のパラダイスとは関係ない)は、伊藤園「お〜いお茶」のCMソングですっかりおなじみ。中谷自身が作詞した「TATTOO」はなかなかあやしげな雰囲気に満ちた作品で、この奇妙なアルバムタイトルと共に印象深い。う〜ん、ちょっとこわいな。(フォーライフ、3000円)


「L.K.STYLE 16」LAZY KNACK

 LAZY KNACKのファースト・アルバム。とにかく昨年11月に「CRYSTAL GAME」のシングルを発売して以来とんとん拍子でヒットを続けているこのヴォーカル・ユニットは、タイトルの示す通り2人とも1979年(なんと大滝詠一が「ナイアガラ・カレンダー」を発売した翌年、あるいは細野晴臣が「はらいそ」を発売した翌年ともいう。またまたある人は山下達郎が「MOON GLOW」を発売した年とも)生まれの16歳(香月優奈の方は6月生まれなので実はもう17歳になっているが)。香月と清水聡との「怠けもののお調子者」とでも訳すのか「LAZY KNACK」のエグゼクティブ・プロデューサーは、浅倉大介が担当。ちょっと歌謡曲の方に針は振れているが、シンセポップは十分楽しめる。ヴォーカルそのものは若さが全面的にあふれ、今はそれほどうまくはないのだけれど、気持ちの良い元気さを感じます。また、ジングル程度といった約1分の短さながら、浅倉のインストものを2曲楽しめます。もうこれは浅倉シンセそのものでファンにはうれしいはず。そして浅倉とともにTMNサポートメンバーだった葛城哲哉も楽曲を提供。LAZY KNACKの2人が原宿のホコ天青空ライヴで葛城の曲をやっていた縁もあり、シングルでもギタリストとして参加。宇都宮隆とBOYO-BOZOを組んでいる石井妥師も曲を提供するなどTMNがらみのアルバムという楽しみかたもできます。(ファンハウス、3000円)

mizu_logo.gif