CD NEWS 1996年11月17日

Mizunokuni mako-rin's CD NEWS

WE NEED GOOD SOUND!

| HOME | Joint1996 | 19961117 |

更新日 2010-01-01 | 作成日 2007-09-20

1996年11月17日号

モデルチェンジそのものが楽しいけど、新しいタグ覚えるの大変に余波。

・この大モデルチェンジはどうなるのか。

 分からないチェンジやってしまうのがすごい。

<1996年11月17日号の反省> クリックボタンを付けたのに皆さんなかなかフレーム対応CD NEWSに入ってきてくれません。ついに従来版とフレーム版のアクセス差は200を越えました。Netscape Navigator 1.01を使っている方が多いのですね▼一方先日、もう一つのブラウザ、エクスプローラー(西城秀樹じゃないよ)で画面を見る機会がありましたが、大丈夫だった。WIN系の方も、どうか安心してごらんください▼「質問『ナイアガラ・エンタープライズ公認非公認頁』とはなんですか」ーー(答え)大滝さんちの詠一っつあんが開設しているアミーゴ・ガレージでの公認している「非公認」のホームページという意味で、特に他意はありません(みんなで遊んでおります)。ナイアガラーから「水の国」への訪問者がある一方、「水の国」からナイアガラへの訪問者もできる、という相互リンクです。

ag_logo_s.gif

<今週の格言>フレームは 作っているうちが ワクワクや

「アニメタル」って流行りました。

でもよく考えたら、小学校のころ、意味もなくテレビ主題歌、一日中歌っていたことがありました

「アニメタル」坂本英三

 アニメとメタルで「アニメタル」と、ひねりも工夫もないけれど、妙に落ち着く、座りの良いネーミングです。懐かしのアニメソングの数々がヘヴィメタルになって復活したわけで、このパワーはちょっと、アニメおたくも圧倒されるかも。ガッチャマンの歌、コン・バトラーVのテーマ、たたかえ!キャシャーン、マジンガーZ、ゲッターロボ!、デビルマンのうた、といったかなり濃いめ系統の内容のアニメーション・テーマソングばっかりを(こりゃ選曲の勝利かもしれません)集めてできたのが、このCD。ボーカルの元アンセムの坂本英三のヴォーカルが非常に力が入っていて、「めっちゃいきってはる」感じ。さすがにこの CDを聴いたあとは、しばらく何も聴きたくない、話したくない、見たくないといった虚脱感に襲われますので要注意。カラオケ付き。でも、これを歌ったらもう、次の歌に移れないほど、すごいインパクトがありますので、シロウトさんはご用心ご用心。(ファンハウス、FHDFー2332、1000円)

「パーティーをぬけだそう」忌野清志郎と篠原涼子

 忌野清志郎と篠原涼子との異色デュオのシングルがこれ。忌野は東芝EMI、篠原はEpicソニー。レコード会社を越境交流した企画。過去には、松任谷由実とカールスモーキー石井による「愛のWAVE」や、最近では小沢健二とスチャダラパーの「今夜はブギーバック」などという東芝+ソニーのデュエット曲がありました。こうした一連の企画による大延長大会のようです。で、東芝版にはカラオケ部分は涼子の声が、Epic版には清志郎の声がそれぞれ入っている、という凝った仕掛け。きっと両社の担当者はさらにアイデアを出し合い、ついでに裏ジャケットは2社分合わせると一つの写真となる仕掛けも。曲そのものは、年末年始の時期をかなり意識したもので、歌って楽しいものに仕上がっています。想像以上にノレるわけです。ちょっと歌詞があぶなそうですが、涼子は気にせずにシャウトしてます(いいのかな?)。このあたりは忌野のアイデアのうまいところ。それにしてもパーティー会場でこの唄を歌ったら、みんな抜け出してしまって誰もいなくなってしまったりして…。カップリングは「クリスマス・モーニング」「つらい恋とカプチーノ」の2曲入り。カラオケタイムで、ますますデュエットがさえて、続けてこれら3曲を歌ってしまって、本当にパーティー会場に誰もいなくなってしまったりしてもぼくは知りません。(東芝EMI、篠原はEpicソニー両社でそれぞれ発売、1000円)

自動更新バナー


「across the rainbow」HOUND DOG

 清志郎の歌を聴くとやっぱりHOUND DOGも聴きたくなるじゃあ〜りませんか(このあたりのつなぎかたが、相変わらずちょっと強引ね)。最新シングル「ACROSS THE RAINBOW〜虹の彼方へ〜」を含む計11曲収録のオリジナルアルバムがこの「across the rainbow」。なんか実に大友康平のヴォーカルは、聴くものを暖かく迎えてくれて、このmore & moreエコー増気味の中で、ジワーッとした感動を与えてくれます。おまけのライナーノーツもふふふ、と凝ったデザインがしてあり(すごいところに金使っています)、楽しませてくれます。現在彼等はツアー中で、年内のスケジュールは、11月21日=八王子市民会館▼26日=土浦市民会館▼28日=小田原市民会館▼30日=八尾市文化会館▼12月1日=豊中市民会館▼3日=グリーンホール相模大野▼5日=紀南文化会館▼7日=和歌山市民会館▼8日=高槻現代劇場▼13日=大宮ソニックシティ▼14日=市川市文化会館(以上、詳しい問い合わせ先は、グレイハウンド電話03・5722・3510へ)。なにやら昔の映画を思い出しそうなタイトル曲「ACROSS THE RAINBOW〜虹の彼方へ〜」はなかなかごきげんなバラードでアルバム最後を飾るのにふさわしい。(日本コロムビア、COCA-13736、3000円)



Google

mizu_logo.gif